駐車場をかしこく利用

車を所有するのなら、駐車場も必要

今は自動車社会になっているのですが、多くの人が通勤や通学、そして普段使いに車を所有しているものです。車を所有するには本体を購入するだけでなく、そのほかの維持費もかかることになります。各種税金や車検、自動車保険、そして駐車場代金などになります。
駐車場に関しては、自分の家に自動車を停めるためのスペースがあれば、車庫証明などを出すことができるようになります。しかし、そういったスペースがないと、ほかの所に借りる必要があったりするのです。
日本においては、地方に関してはわりと駐車スペースを確保できたりするのですが、都市部に関してはなかなか確保することができないと、ほかに借りる必要があるのです。東京都内などでは高額の費用がかかることもあります。マンションやアパートの賃貸と同じように、駐車場に関しても数万円もかかることもあり、経済的な負担がかかってしまうのです。
ですから、自動車を所有しようと思ったら、本体価格だけでなく、そのほかにかかる維持費がかなり必要になることを覚悟しておくようにするといいでしょう。また、駐車場に関しては、屋根付きのガレージなどでにすることで、車が傷みにくくなるので、おすすめです。

駐車場の形態について

駐車場とひとことにいっても、さまざまな形態がありますので、もしも土地活用のために駐車場経営を考えているのであれば、あらかじめ押さえておかなければならないポイントといえます。まずは時間貸し駐車場ですが、これはユーザーにとっては一時的に駐車するスペースを確保するためのもので、おもに店舗や駅、オフィスなどが建ち並ぶ都心部に多く見られる形態です。使用料金はそのつど徴収することになり、有人のボックスをつくるか、または無人の料金自動精算機などを設置して徴収することになります。もし経営をしようとする場合には、料金を滞納されるリスクも少なく、経営に失敗したとしても他の用途への転用が容易という点において、たいへん魅力のある形態といえるでしょう。いっぽう、月極駐車場というのは、区画を限って固定的なユーザーに長期にわたって使用させる形態で、使用料金は毎月きまった日に銀行の自動振替などで徴収することになります。いったん利用されると立ち退きをさせることなどが難しい反面、毎月固定的な収益が期待できますので、あまり経営について時間や手間をかけずに、効率よく収益だけを確保したいというオーナーにとって向いている形態といえます。


Favorite


WiFi完備のマンスリーマンションを東京で探せます


厚木の不動産を紹介しています

婦人科 中絶手術

キッズミュージカル


東京でエコカラット

脱毛サロンについておすすめのランキングサイトを閲覧する


Last update:2020/4/2