駐車場をかしこく利用

駐車場の選び方について

今は多くの家庭で自家用車を所有している時代でもあります。これも日常生活に欠かせないものになっているからであり、多少維持費がかかったとしても便利であるので、所有して乗っている人が多いのです。自動車を所有する際には、維持費がかなりかかるのですが、そのほかにもそれを保管しておくところを考える必要があるのです。
車を保管する場所としては、駐車場を確保しなければならないのですが、地方ではスペースがあるとしても都市部では確保するのも一苦労だったりするものです。自宅の敷地内に車を置くスペースがあればいいのですが、そうでないと他で借りることになるでしょう。
そこで駐車場の選び方が重要になります。最も愛車をよい状態で保管できるものとしては、屋根つきのガレージになります。直射日光から車のボディを守ることができたり、雨や風、障害物からも守ることができます。また野ざらしになってしまうのは仕方がないのですが、できれば舗装されているところがいいですし、しっかりと駐車場としてラインが入っているなど、その形態になっているところにするといいでしょう。選び方を工夫して、自分の車を大切にしたいものです。

車庫証明にかかわる駐車場の選び方

駐車場の選び方としてはさまざまなポイントがありますが、もしも車庫証明が必要であるという場合には、自宅からの距離がどの程度離れているのかは、たいへん重要となってきます。自動車保管場所法とよばれる法律では、自動車の所有者または使用者が、その保管場所となるスペースを確保しておくことを義務付けており、その証明となるのがいわゆる車庫証明にあたります。この法律は、公道を駐車場がわりに利用するなどして、緊急車両が通行できなくなったり、その他交通事故のもとになるのを防ぐという意味で制定されたものです。そこで、実際に駐車場として使用していないのにもかかわらず、書類上だけで車庫証明を取得しようとする違法行為を排除するため、自動車の使用の本拠となっている場所、通常は自宅から2キロメートル以内に保管場所を定めるように規制されています。したがって、駐車場の選び方として、この2キロメートル以内に該当するかどうかが重要となるのです。

pickup

塾を逆瀬川で検索

Last update:2018/8/21