駐車場をかしこく利用

賃貸駐車場契約の手続きとは

駐車場を契約する場合の手続きの流れは、ふつうの賃貸アパートやマンションを契約する場合とそれほど異なることはありません。賃貸アパートのような建物ではなく、駐車場という土地についての借地契約をするものと考えればわかりやすいでしょう。そのため、まずはまちの不動産業者や全国規模の検索サイトなどで、賃貸料金が手ごろかどうか、車のサイズからみて入庫できそうか、自宅や会社のある位置から離れていないか、などといったことがらを目安にして、希望にみあった駐車場を選びます。その上で、不動産業者などに申し込みをしますが、条件に合っていたとしても、現在空きスペースがない場合もありますので、いくつか候補をあらかじめ選んでおくとよいでしょう。もしも空きスペースがあれば、不動産業者などを経由して、身分証明書ほか必要書類を提出し、土地の所有者による審査を受けて、問題がなければ契約書に書類捺印し、初回の使用料などを支払って、利用を開始することになります。

駐車場契約時の必要書類

駐車場の契約をするにあたっては、まずは土地のオーナーによる審査がありますので、さまざまな必要書類を準備しなければなりません。そもそも契約という行為は、借り手が申し込みをしたとしても、それを土地のオーナーが承諾して、借りたい、貸したいという意思が相互に合致しなければ成立はしないものです。そこで、駐車場を取り扱っている不動産業者などを通じて、申し込み書を提出するとともに、必要書類をあわせて提出することになりますが、これは一般的な賃貸マンション、アパートなどの入居審査とそれほど違いはないといえます。そのため、運転免許証、車検証といった、本人の身分確認や駐車する予定の自動車を特定する書類は必須となってきますし、審査がよりきびしい場合には、印鑑登録証明書、住民票といった、契約をする本人の意思表示がたしかであること、身分があきらかであることを証明するような書類が、さらに必要となってくることもあります。

check



最終更新日:2019/8/1