駐車場をかしこく利用

駐車場利用時の当て逃げのトラブル

駐車場を利用する場合にやっかいなのは、当て逃げなどのトラブルが発生した場合です。当て逃げというのは、他人の車に接触してキズをつけてしまったり、壊してしまったまま、事故を起こした本人が逃げ去ってしまったケースのことです。この場合、当然ながら、そのままの状態では事故を起こした人が特定できないわけですので、一般的な事故とは異なり、損害賠償の請求が難しくなってきます。それでは駐車場の経営者に弁償させることができるかといえば、こちらもなかなか難しい面があります。駐車場の利用規約は、入り口などに掲示されていることが多いものですが、そのなかにはたいてい、場内で起きたトラブルについては経営者は責任を負わない旨の免責条項が含まれているはずです。駐車場を利用するということは、それを承諾したということにひとしいわけですので、あくまでも器物損壊などを理由に警察に捜査してもらうなどして相手を特定し、その相手からの損害賠償を求めるというかたちになります。

駐車場でのトラブル例について

自分の車を所有していると、やはり大切に扱いたいと思うものです。よい形で保管をしたりすることで、長持ちすることもできるのです。毎日の生活の中で、必需品である自家用車というのは手入れ次第でかなりの影響があるものなのです。
そこでよく検討したいのが駐車場です。どういったところに停めるのかということはとても大切なのです。できれば屋根つきでしっかりとシャッターなどがついていて、他の人から目に付かないようにできるようなガレージ式のところはいたずらなどをされることもないので、安心できます。
また、自宅以外の商業施設などの駐車場でのトラブル例としても、車上狙いなどがあったりするものです。ガラスを割られたりして車内の金品を盗まれたりすることもあったり、またタイヤなどを盗られたりすることもあります。ひどいトラブルとしては、車ごと消えてしまうということもあるので、普段から保管をする際には十分に気をつけるようにしましょう。

Favorite

2019/6/28 更新